要らなくなったメガネを捨てるのはもったいない

これまで使ってきたメガネのほとんどを投げ捨てずに保管しています。トラブルら必要になるかもしれないですし、度がそれだけ違っていなければクライアントにあげることもできるからだ。それにしてもボリュームが多くなってきていてほとんど取り除けるんじゃないか、と見なし始めてインターネットでメガネの下取りを調べたことがあります。
ところが、探した範囲ではそういったサービスを行っているショップはないようでした。これはまったく悔しいな、とビジネス的な視点から思いました。フレームやレンズが粉々になってしまった、と言うならば仕方ないですが度が合わなくなってきたり、レンズが曇って思え難くなってきたというケースも多いと思うのです。それで捨ててしまう、というのは非常に悔しいと思います。なんとか流用をしてまた売ったり、好転道中のナショナリズムにカンパが見込めるメカニズムなどがないかなあと思っていて、惜しくもこれから調べてみようと思っているところです。http://www.maritimeemployment.co/