ワーク記録や表思索ソフトについて

ワーク席順などについて演習しました。交差するわくの一つひとつをセルとよびます。また、セルが太線で囲まれているわくをセルポインタとよび字・データなどを入力できるポイントを示しています。なお、こういう大きな値書式概要はワーク席順と済む、そのワーク席順いくつをまとめてブックとよぶこともあります。セルポインタの示すセルを前向きセルまたはカレントセルといいます。画面には+の目当てが表示されていて、これをマウスポインタといいます。セルポインタは、マウスのリンクをプッシュするかカーソル移転鍵によって、一般の内側を自由に移動することができます。各セルは、列ナンバーと行ナンバーの結合でそのポイントがあらわされ、これをセル番地といいます。スクロールバーやセルポインタの移転で、画面(一般)の陳列エリアが上下表現にずれることを画面のスクロールといいます。表裁定ソフトでは、入力する数値の第一人者が英字、カタカナ、ひらがな、漢字の字であれば字(字列)としてやり方されます。知らないこともあったので復習したいなと思いました。http://www.craftsnob.co/